ごあいさつ

 当組合の新合同店舗(CLT木材工法による日本初の金融機関店舗)におきましては新規オープン以降、これまでの間に「高知県 木の文化賞」、「高知県建築文化賞」、「照明普及賞」、「木材活用コンクール 優秀賞」、「ウッドデザイン賞 林野庁長官賞」、「サステナブル・ファイナンス大賞 」「木材利用優良施設コンクール 農林水産大臣賞」を受賞することができました。これもひとえに、皆さまのご支援の賜物とあらためて感謝申しあげます。
 宿毛商銀信用組合は、地元で愛され続けて66年を越える地域密着型金融機関です。高知県宿毛市・四万十市・土佐清水市・幡多郡一円・愛媛県愛南町を中心とした営業エリアとして、地元の中小零細企業者や勤労者の皆さんを対象とした当組合独自の取組を通して地域社会の発展に貢献できるよう、日々役職員一同励んでまいりますので、何卒お引き立て頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
 さて地域経済は、人口減少・少子高齢化に伴う市場の縮小を背景に厳しい状態が続いていますが、当組合は、地域の発展なくして、当組合の繁栄はないとして、平成29年10月に、東京都23区に支店網を持つ「第一勧業信用組合」と「宿毛市」と「宿毛商銀信用組合」との間において、三者における地方創生包括連携協定を締結し、更に平成31年1月に同様の協定を「四万十市」とも結び、これもとづき取引先の皆様とともに、東京での物産展やビジネスマッチング等へ参加することにより地域・地域産品をアピールし、一方では事業承継・経営支援・相続等の地域経済の活性化策にも全力で取り組み、地域の皆様のお役に立てる金融機関として、今後も連携の輪を広げることにより、地方創生、地域の発展に貢献してまいります。
そして当地域に本店を置く唯一の地域金融機関である「すくも商銀」として、私共、役職員一同、お客様のために、毎日一生懸命に、スピーディかつタイムリーな営業を展開して、頼りになる、そしてますます愛される存在となるために、さらに努力していく所存でございます。 今後とも一層のご愛願をたまわりますよう、心よりお願い申し上げます。
 当組合の新合同店舗(CLT木材工法による日本初の金融機関店舗)におきましては新規オープン以降、これまでの間に「高知県 木の文化賞」、「高知県建築文化賞」、「照明普及賞」、「木材活用コンクール 優秀賞」、「ウッドデザイン賞  林野庁長官賞」、「サステナブル・ファイナンス大賞 」「木材利用優良施設コンクール 農林水産大臣賞」を受賞することができました。これもひとえに、皆さまのご支援の賜物とあらためて感謝申しあげます。  宿毛商銀信用組合は、地元で愛され続けて66年を越える地域密着型金融機関です。高知県宿毛市・四万十市・土佐清水市・幡多郡一円・愛媛県愛南町を中心とした営業エリアとして、地元の中小零細企業者や勤労者の皆さんを対象とした当組合独自の取組を通して地域社会の発展に貢献できるよう、日々役職員一同励んでまいりますので、何卒お引き立て頂きますよう宜しくお願い申し上げます。  さて地域経済は、人口減少・少子高齢化に伴う市場の縮小を背景に厳しい状態が続いていますが、当組合は、地域の発展なくして、当組合の繁栄はないとして、平成29年10月に、東京都23区に支店網を持つ「第一勧業信用組合」と「宿毛市」と「宿毛商銀信用組合」との間において、三者における地方創生包括連携協定を締結し、更に平成31年1月に同様の協定を「四万十市」とも結び、これもとづき取引先の皆様とともに、東京での物産展やビジネスマッチング等へ参加することにより地域・地域産品をアピールし、一方では事業承継・経営支援・相続等の地域経済の活性化策にも全力で取り組み、地域の皆様のお役に立てる金融機関として、今後も連携の輪を広げることにより、地方創生、地域の発展に貢献してまいります。 そして当地域に本店を置く唯一の地域金融機関である「すくも商銀」として、私共、役職員一同、お客様のために、毎日一生懸命に、スピーディかつタイムリーな営業を展開して、頼りになる、そしてますます愛される存在となるために、さらに努力していく所存でございます。 今後とも一層のご愛願をたまわりますよう、心よりお願い申し上げます。

経営理念

  • 地域社会の発展に寄与し、地域住民の生活向上に貢献する。
  • 信用組合の社会的責任と使命を絶えず念頭におき、健全な業務運営を通じて組合員、取引先からの揺ぎ無い信頼を確立する。

経営基本方針

当組合は、地域内の小規模事業者や生活者等との日常的なフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーション、つまり、つきあいの積み重ねを信用の源泉とし、常に顧客(組合員等)の事業の発展や生活の質の向上に貢献するため、地域貢献活動を重点課題として活動を行ってまいります。 今後も信用組合の原点である相互扶助の理念に基づき、地域社会の一員として、当組合の経営資源を活用し、地域社会の生活や文化の向上に取組んでまいります。

概要

名称
宿毛商銀信用組合
事業内容
金融業
創立
昭和28年4月
本社所在地
〒788-0000
高知県宿毛市宿毛5508番地
TEL. 0880-63-1166
FAX. 0880-63-1168
理事長
井上 龍也
組合員数
5,333人
出資金
117百万円
預金残高
18,565百万円
貸出金残高
7,727百万円
役職員数
24人
営業区域
・高知県宿毛市
    四万十市
    土佐清水市
    幡多郡一円
・愛媛県南宇和郡愛南町
店舗数
2店舗

(平成30年3月現在)

沿革

昭和28年4月
宿毛市小筑紫町267番地6に「小筑紫町信用協同組合」の名称で発足
昭和33年5月
「宿毛商銀信用組合」に名称変更する
昭和43年8月
宿毛支店開設
昭和54年6月
中村支店開設
昭和57年11月
為替オンラインスタート
昭和60年9月
中村支店廃止
平成元年9月
預金オンラインスタート
平成2年2月
融資オンラインスタート
平成3年5月
ATM(現金自動預払機)を「宿毛支店」に設置
平成4年11月
渉外支援システムを導入、稼働
平成8年10月
ATM(現金自動預払機)を「サングリーンくりはら店」に設置
平成9年10月
CD(現金自動支払機)を「宿毛市役所」内に共同設置
平成13年6月
ATM(現金自動預払機) 日曜、祝日稼働時間延長
平成15年4月
組合創立50周年記念
平成17年12月
宿毛桜の里旅行会を発足
平成20年7月
PDA渉外支援システムスタート
平成25年2月
電子記録債権制度「でんさいネット」スタート
平成25年4月
組合創立60周年記念
平成26年3月
ATM(現金自動預払機)を「物産館 サンリバー四万十」内に設置
平成27年5月
SKC第6次システム導入、稼働スタート
平成29年9月
合同新店舗オープン
平成29年9月
ATM(現金自動預払機)を「旧本店・小筑紫出張所」へ設置
平成29年10月
第一勧業信用組合、宿毛市、宿毛商銀信用組合 三者間による地域創生包括連携協定を締結
平成31年1月
第一勧業信用組合、四万十市、宿毛商銀信用組合 三者間による地域創生包括連携協定を締結